東金市/東金市デジタル歴史館

東金市史

総集篇五

第三篇 教育

D 幼稚園・保育所

(一) 幼稚園

 丘山幼稚園は昭和四七年(一九七二)四月地域の要望と幼児教育の重要性から設立される。四歳児(二九名)五歳児(三二名)の二学級を小学校特別教室に収容し、遊戯室は講堂を兼用するようにして開園された。園長は丘山小学校長が兼務、教諭二名。事務職員は小学校兼務。四月八日入園式。施設も幼児むけに漸次改造され、子どもたちは不便も気にせず元気に歌い踊り、遊具もない原っぱをかけ廻る。
 五月に新しいブランコすべり台が設置され六月PTAの奉仕作業で砂場、花壇づくり。徐々に幼稚園らしい環境となる。
 登降園はバス(成東行・千葉行・八街行)三方面各停留所まで職員の送迎。家庭教育学級開設、一〇月に園歌も制定される。
 昭和五〇年(一九七五)県より安全教育研究園として二年間の研究指定を受ける。
 五一年(一九七六)四月より交通量が激化したため登降園を保護者に依頼することとなる。
 五三年(一九七八)四歳児が四八名となり、一学級増、職員四名となる。
 五五年(一九八〇)より園児減少のため二学級編成、職員三名となる。同年五月県PTA連協より受賞。五六年(一九八一)一月「幼児の安全教育の成果」に対し県教育長より表彰される。
 同年園舎老朽化により、園舎建設の気運もりあがる。
 
 歴代園長
  井上武 昭和四七年四月~五一年三月
  須合茂次 昭和五一年四月~五二年三月
  広瀬正一郎 昭和五二年四月~五五年三月
  志賀岩夫 昭和五五年四月~五九年三月
  笹川義人 昭和五九年四月~六〇年三月
  成川光男 昭和六〇年四月~

丘山幼稚園