東金市/東金市デジタル歴史館

東金市史

総集篇五

第三篇 教育

D 幼稚園・保育所

(一) 幼稚園

 昭和四九年(一九七四)四月、旧公平小学校の西半分を使用し、公平幼稚園が開園、四歳児二一名、五歳児二八名の二学級編成である。園長は東小学校長が兼務、教諭二名、用務員一名。遊具は小学校用の大きいものを使用し、すべり台を新設、松之郷旧分校より遊具を移転し、また家庭教育学級を開設した。
 源地区より六名入園のため、市当局はスクールバスを設けて園区を運行。昭和五一年(一九七六)源幼稚園の新設によりコース変更。園児の三分の二が利用するようになる。同年六月千葉テレビより、「こんにちは幼稚園」で園児の園庭体操、体力づくりが放映される。五二年(一九七七)三月、使用しない東側園舎跡に公平公民館が建設され、境界に植樹される。同年四月、四歳児四七名のため一学級増、職員二名が増員される。
 五三年(一九七八)四月、五歳児五二名となり一学級増、園庭も芝植え等が奉仕作業により整備される。五四年(一九七九)八月、園舎解体、講堂を仕切り保育する。
 昭和五五年(一九八〇)三月新園舎落成。花壇、遊具、芝植えにより園庭整備、またPTAの協力によりアスレチックが作成される。
 同年、九十九里地区幼稚園の研修会場となる。昭和五六年(一九八一)一〇月インドカバデー選手団一行が来園、翌五七年(一九八二)築山が完成し、環境も整い、百余名の園児は元気に活動している。
 
 歴代園長
  高柳善男 昭和四九年四月~昭和五〇年三月
  猪野定治 昭和五〇年四月~昭和五三年三月
  伊藤文雄 昭和五三年四月~昭和五七年三月
  鈴木喜久雄 昭和五七年四月~昭和六〇年三月
  布留川實 昭和六〇年四月~

公平幼稚園