東金市/東金市デジタル歴史館

東金市史

総集篇五

第二篇 宗教

B 東金市の寺院

(二) 寺院各説

東金地区

 東金市大豆谷字村前にあり、顕本法華宗に所属し、最福寺(谷)の末寺である。
 本寺は明応七年(一四九八)十月、(ただし、次記資料には「永正一〇年」とある。)日慈によって開基されたと伝えられる。
 
 参考資料
  当寺本寺末寺宗門人別之事
                 東金領大豆谷村
                     本立山 長福寺
 本寺上総国東金領西福寺
一 当寺 法花宗
  但、開基永正拾年(一五一三)より貞享弐年(一六八五)迄百七拾三年
  開山長福院より拙僧迄拾三代目
一 寺内除長弐拾間横拾三間山共ニ先規より除地之由、但、証文無御座候得共、名主百姓数年存知参り申候。
一 寺付年貢地田高弐石弐斗六升七合、諸役百姓並ニ勤申候。
一 寺中ニ天神一社御座候。
一 先住隠居寺内ニ別家ニ指置、衣類等ハ不申ニ、諸事此方より賄家修覆等迄使仕候。
右之通相違無御座候。若年貢地増減御座候ハバ、御断可申候。家内人別之義ハ毎年春之書付出シ可申候。仍而如件。
   貞享二年(一六八五)丑六月廿五日
        拙僧義当寺無住ニ付丑ノ廿四日入院仕候
                        長福寺
                         年三十四
                          日教
    原田源左衛門殿
    福田新左衛門殿
                   (大豆谷木村家所蔵文書)