東金市/東金市デジタル歴史館

東金市史

総集篇五

第二篇 宗教

A 東金市の神社

(二) 神社各説

丘山地区

 東金市油井字(あざ)長者屋敷にある。三〇〇坪(九九〇平方メートル)の境内を有する。祭神は高皇産霊神(たかみむすびのかみ)と神皇産霊神(かみむすびのかみ)の二柱である。社格は村社。
 本社は鎌倉時代の徳治年中(一三〇六-八)に建立されたが、その後、江戸時代の承応二年(一六五三)に再建されたといわれる。