東金市/東金市デジタル歴史館

東金市史

総集篇五

第二篇 宗教

A 東金市の神社

(二) 神社各説

丘山地区

 東金市丹尾字前畑にあり、村社である。祭神は応神天皇(誉田別命(ほんだわけのみこと))である。境内は四五〇坪(一四八五平方メートル)の広さである。
 本社の創建は鎌倉時代の正応二年(一二八九)といわれるが、室町時代の文亀三年(一五〇三)五月、この地方が大旱魃に襲われた際、村民が参籠祈願したことが今も伝承されている。