東金市/東金市デジタル歴史館

東金市史

総集篇五

第二篇 宗教

A 東金市の神社

(二) 神社各説

公平地区

 東金市松之郷字中峠(なかびょう)にある。祭神は天照大神。境内は一四三坪(四七二平方メートル)の広さである。
 この神社の由来については、鎌倉時代、久我台の城主だった北条長時の長子が正慶(しょうきょう)二年(一三三三)鎌倉幕府の滅亡後、松之郷字中峠に帰農して、姓を川島と改めて永住し、この社を勧請したものであると伝えられている。