船橋市西図書館/船橋市デジタルミュージアム

ふるさと船橋の地名を知る

ふるさとの地名(改訂版) ――船橋の地名の由来を探る――

その他の地名

 千葉県北部の土地っ子なら、「やつ」と聞くとすぐ台地に入りこむ谷が思い浮かぶ。また、歴史好きの人なら鎌倉の扇ヶ谷(おうぎがやつ)等の地名が連想されるかも知れない。
 「やつ」あるいは「やと」は、南関東の至る所にある地名である。船橋市周辺では、かつての村名で遊園地で知られた習志野市の「谷津」が最も有名だろう。船橋でも谷津の付いた小字名がいくつもある。旧西海神の飛谷津、旧海神の大谷津・小谷津、旧東夏見の北谷津・上谷津、上山の下谷津、小室の金塚谷津、神保新田の堂谷津等である。
 一方、同じ谷地形の地名に沢がある。小字の沢地名には、高根の唐沢等がある。
 さらに、「作」が末尾に付く地名にも谷地形がある。大穴の海老ヶ作、田喜野井の池ノ作、坪井の御堂作、金堀の吉ヶ作等である。ただし「さく」地名は、地方によって谷地形の場合のほか、耕作関係の地名もあり、船橋地方では後者の方が多いようである。
 しかし、谷地形の「やつ」「さわ」「さく」の使い分けが何によるのかは未詳である。
 
地図を見る