船橋市西図書館/船橋市デジタルミュージアム

ふるさと船橋の地名を知る

ふるさとの地名(改訂版) ――船橋の地名の由来を探る――

江戸時代・明治初期の村名

 車方(くるまがた)も古い起源を持つ集落であるが、現時点では江戸時代以前の確実な資料は知られていない。ただ、中山法華経寺の応永十三年(一四〇六)の古文書(写)に「千田道胤売券」という証文があり、その文面に「神保郷内ふるまかたの村」とあるのが、車方のことかと推定される。もっとも、この読みについては異説もある。
 江戸時代には寛文頃(一六六〇年代)一時佐倉藩領となったが、中期以降は旗本鈴木氏の知行地になったと推定される。明治二十二年に豊富村の大字となり、昭和三十年に船橋市車方町に変わった。
 車方の語源についてはこれまでに、①地区内の小川にあった水車から地名が付いた、②曲輪(くるわ)の方、つまり城砦の土塁等があった方の意、等の説が出されているが、私見ではその可能性はほとんどない。
 語源で問題となるのは前記の「ふるまか(が)た」で、もしこれが「くるまかた」に転化したのなら、③ふる→崩壊地形、ま→場所、がた→丘斜面の肩のような部分の複合語、④ふる→古、ま→馬、がた→方で古い時代の牧場関連地名、も考えられる。
 
地図を見る