船橋市西図書館/船橋市デジタルミュージアム

ふるさと船橋の地名を知る

ふるさとの地名(改訂版) ――船橋の地名の由来を探る――

江戸時代・明治初期の村名

 飯山満(はさま)は当地方の難読地名の代表である。ラジオ等で「いいやまみつる町」と読まれたことも再三である。
 飯山満の集落の起源は古代までさか上ると考えられるが、現時点で知られる最古の遺物は、旧観音堂墓地(光明寺に移管)にあった康永四年の(一三四五)の板碑である。
 江戸時代の飯山満は、上飯山満村と下飯山満村に分かれていた。さらに、上飯山満村は高野、本郷、中野木に分かれ、それぞれ鎮守がまつられており、「村の中のムラ」の典型であった。
 明治二十二年に二宮村が成立すると、上・下飯山満はともにその大字となり、昭和三十年の旧二宮・豊富地区の新町名設定で、下飯山満が飯山満町一丁目、上飯山満高野が飯山満町二丁目、上飯山満本郷が飯山満町三丁目に変わった。
 その後、飯山満本村北側は昭和五十年に住居表示が実施され、芝山一~七丁目に変わった。
 飯山満の語源については、地元では「米(飯)が山ほどできて満ちた土地」から付いたという伝えがある。もちろんこれは〝話〟であって、実際はよくいわれるように「谷あいの場所」から付いたものであろう。古い地名の大半は、音(おん)に対して後世に漢字を当てはめたから、めでたい感じのする字が使われるのである。
 さて、今の飯山満町の中で語源の場所を探すと候補地がいくつもあり、諸説が出されている。①米ケ崎地先から東に上る谷全体から、②ゆるぎ地蔵のあるかなり深い谷から、③光明寺と大宮神社の間にある谷から、④本郷の字ウブ街道の谷間から、⑤本郷から芝山高校方面へ向かう道沿いの小谷から、等である。
 私見では、字(あざ)名、遺跡、旧家の位置等を考慮した⑤説が妥当だと思う。
 
地図を見る