宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第九章 口承伝承と子供の遊び

第三節 子供の遊び

三 野の遊び

 真っ赤なほおずきの袋を破り、実の部分をていねいに揉んで中の種を揉みほぐす。実の付け根の所が固く、しっかりついているのを上手に実と袋に分ける。実の種が柔らかくなったところで、口を切らないように開けて、中の種を水で洗い流す。こうするときれいな透き通ったほおずきとなる。これを口の中に入れて、音を立てて鳴らして遊ぶ。