宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第九章 口承伝承と子供の遊び

第三節 子供の遊び

一 屋内の遊び

 女の子の遊びで学校の休み時間などにも行い、一本のひもを使って次々と綾をとる。糸の両端を結んで輪を作り、指や手首を使って綾にして、形を作る遊び。一人で行うあやとりと二人で相手と交代しながら作ったものを取り合って作っていく遊びがある。船・箒・蟹・四段はしご・富士山などを作る。
 あやとりの基本は、両手の親指と小指に紐を掛けてぴんとする。左手の平の紐を人差し指で右手の平の紐を左手の人差し指でとり、両手を左右に開いてみる。これからがスタートである。一人あやとりは、いろいろ指に紐を通して日常の道具などを創り出す。二人あやとりは、両手首にかけた紐をほかの人がつまんで織り合って行く。二〇回続けてゆくと、また川に戻ったりする。

図11 あやとり