宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第九章 口承伝承と子供の遊び

第一節 伝説

三 信仰伝説

(四)そのほかの伝説

 昔、若狭の国から一人の比丘尼が天沼に来た。魚を食物とし、一年中着物を着ていなかった。顔美しく、髪はいつになっても真っ黒で、八百年生きたから八百比丘尼といった。今も天沼に祀ってある。
 このお堂は現在は跡方もない。しかし土地では昔、八百比丘尼がこの地に来たことを今も語り伝えている。(『伝説集成』)