宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第九章 口承伝承と子供の遊び

第一節 伝説

三 信仰伝説

(四)そのほかの伝説

 その昔、京都で学問を教え厚い信頼を受けていた蓮谷の鈴木家の先祖の一人は、三条家の姫君と恋仲になった。しかし、結ばれぬものとある日突然京都を発ち当地へ戻って来てしまった。姫君ははるばる京都から後を慕ってやって来た。ところが途中何者かに襲われ、当家に実家から持ってきた家紋入りの器を置いて、近くの池に身を投じてしまった。家人や近くの人達はいかにも姫君を哀れに思い、池のほとりに「女躰宮」を祀って姫の霊を弔った。(『みやしろ風土記』)