宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第九章 口承伝承と子供の遊び

第一節 伝説

二 歴史伝説

(二)開発伝承

 豊臣家の家臣であった加藤某が、大阪城落城の後、京都の伏見稲荷神社の分霊を自ら守護神として受け、当地まで落ち延び帰農したという。(『神社誌』)