宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第八章 社会生活

第一節 近隣組織

三 地区の行事

(二)八河内の行事

 大山石尊燈籠立てのことで、七月二八日(燈籠立て)から八月一八日(燈籠返し)までの間燈籠を組立て、竹を四方に飾り付け、注連縄(しめなわ)を張り、シデを四方に二枚ずつ下げる。燈籠の中には灯明皿があり、かつては灯心で明かりを灯した。燈籠立ての期間中は当番が毎日御神酒をあげ、明かりを灯す。

8-2 八河内の燈籠立て