宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第七章 交通・交易

第二節 交易

二 杉戸駅周辺と和戸宿のにぎわい

(一)杉戸駅前のにぎわい

1 杉戸駅の売店

 駅弁や飲み物のほかには、菓子や果物も販売した。菓子の仕入れ先は、チョコレートやキャラメルが製菓会社、煎餅が地元の手焼き煎餅屋で、そのほか、土産としても喜ばれる埼玉銘菓の御家宝を加須市の和菓子屋から仕入れた。夏季にはアイスクリームを製造し、これを経木(きょうぎ)の箱に詰めて登茂ゑ屋の商標入りの紙を掛け、経木の匙(さじ)を付けて販売した。戦前のアイスクリームは、ハイカラな食べ物として大変珍しがられたので、その売れ行きは上々であった。
 果物は、地元の八百屋からミカンを仕入れ、これを赤い綿糸のネットに数個ずつ詰めて販売した。