宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第七章 交通・交易

第二節 交易

一 交易

(一)市と地域間の交流

[市と地域間の交流]

 一二月二五日に杉戸町の現埼玉りそな銀行付近の両側に暮れ市が立った。この市では神棚・注連飾り・松飾りなどの際物や、手桶・シャモジ・オタマ・衣服などの生活用品を売る店が多く出店して賑わいを見せた。各家では新年を迎えるにあたって、正月に使う箸・シャモジ・オタマ・半紙などの正月用品を用立てた。市は人や自転車であふれ、大通りも狭く感じた。