宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第七章 交通・交易

第二節 交易

一 交易

(一)市と地域間の交流

[市と地域間の交流]

 宮代町周辺の町々では定期的な市が立ち、商業活動が行われていた。そのほとんどが六斎市であった。次に『埼玉県営業便覧』から近隣の市日を列挙すると次のようになる。これは、明治時代中期から後期のものである。( )内は市日である。
 杉戸(二日・一〇日)、岩槻(一日・六日)、春日部(四日・九日)、久喜(三日・八日)、越谷(二日・七日)などがあり、町域からも隣接する地区の市に出掛けている。