宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第七章 交通・交易

第一節 交通

四 交通機関の発達

(一)乗合馬車からバスヘ

 バス路線に関する資料も少なく明らかにできない点も多いが、昭和一〇年ごろこのバスの運転手を務めたW氏(山崎)からの聞き取り調査によると以下のようであったという。
 杉戸駅(現東武動物公園駅)―蓮田駅間のバス路線は、杉戸駅前―農協―百間新道―赤松浅間(山崎)―太田新井―お玉様(現岩槻市鹿室)―連田駅が停留所で、一日四往復運行されていた。現在でも道幅が狭い所があるが、当時は道が狭く曲がりくねっていたため、運行には苦労したという。バスはマイクロバスのような車両で、二〇~三〇人乗りであったという。

7-8 駅前のバス(渡辺氏所蔵)