宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第七章 交通・交易

第一節 交通

三 橋と渡し場

(二)渡し場

 ガッタの渡し場の川岸から一〇〇メートル奥に行ったところに水神社が祀られている。舟の安全祈願として建立されたもので、かつては岸に近くにあった。

7-7 水神社(川端)

 銘文の表面には「水神社」と、若宮、松の木島、堤根、中島、西原の二四名と、寄附金が記されている。裏面には「昭和三二年一〇月一〇日 石工 山田仙蔵」と記されている。