宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第三節 住生活

四 家造り

(三)左官職人

1 職人の生活

 職人として一番基本の仕事はイタガエシ(板返し)である。コテイタ(コテ板)の上にカベツチ(壁土)を乗せ、コテでこねる作業のことである。職人は教わって技術を修得するのではなく、親方の行う仕事を見て見様見真似で覚えるものである。