宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第三節 住生活

三 母屋の間取りと住まい方

(七)棟札と普請帳、家相図

[棟札と普請帳、家相図]

 家相図は、家の配置図や平面図をもとに家相を見て、建物や井戸などの位置の良否を見るものである。家を建てる際や改築、増築の際に作られる。家相を見てもらうことは、江戸時代後半以後に全国的に流行した。配置や間取りが描いてあり、建物の改造などの変遷を知ることができる貴重な史料である。