宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第三節 住生活

三 母屋の間取りと住まい方

(一)一般的な間取り

[一般的な間取り]

 宮代町の農家の一般的な間取りは、図35のような田の字型の四間取りが基本となっている。間取りとは、部屋の配置・部屋割りのことであり、伝統的な家屋では共通性がある。このほかに後や前にツノ(角)という部屋を加えたツノヤ(角屋)という五間取りから七間取りもある。
 玄関の位置は母屋の正面右側がほとんどで、玄関を入って左側に部屋、右側に土間がある(以下、図35、表3参照)。

図35 宮代町域の農家の伝統的な間取り(西原 S家)