宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第三節 住生活

一 屋敷構え

[屋敷構え]

[屋敷構え]

 農家の場合、屋敷の周りは生垣で囲われることが多い。樹木は屋敷の南側にはあまり背の高くないものを、北側には母屋の屋根より高いものを植えた。樹木の種類は榎・ケヤキ・カシ・杉・ヒバ・竹・珊瑚樹・モチノキ・ザクロなどさまざまである。
 本田の隣組では、それぞれの家で母屋の入り口を背に右側(西南)の垣根を作る約束になっていた組がある。したがって、反対側(左側)の生垣は隣の家で植えた。