宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第二節 食生活

三 ハレの食事

(三)通過儀礼の食事

 子供が生まれて七日目のお七夜には、親戚や産婆を招待して祝いの宴が催され、中でも総領(長男)の祝いは豪華に行われた。
 お七夜には、小豆飯がつきものとされた。料理は、煮しめ、てんぷら、魚の煮付けなどで、豪華な家ではタイの尾頭付きも出された。また、鶏を飼う家では、これをヒネッテ調理した。