宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第二節 食生活

三 ハレの食事

(二)折節のカワリモノ

 大晦日の晩には年越しそばを食べ、これは家長が打つものとされた。食べ方はツケシタジが多く、茹でて水に晒したそばを食べる直前に熱湯で温め、これをカツオ節のだしが利いた醤油味のシタジにつけて食べた。また、ネギを油で炒めて醤油味の煮汁を作り、これにつける家もあった。中には、小松菜や千切りダイコンを茹でてそばに混ぜる家もあったという。