宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第二節 食生活

三 ハレの食事

(二)折節のカワリモノ

 冬至には、トウナス(カボチャ)を食べると中気を患わないといわれたので、夏に収穫したものを保存しておいて砂糖醤油で煮て食べた。また、コンニャクは「体の煤を取る」といわれ、これを醤油煮にして食べた。
 ゆずも冬至の食べ物として欠かせぬもので、これを切って砂糖をかけて食べ、晩にはゆず湯に入った。また、冬至にはゆずの味噌漬けを仕込み、これを節分に口開けして食べる風習も広く伝えられていた。