宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第二節 食生活

三 ハレの食事

(二)折節のカワリモノ

 端午の節供は、月遅れの六月五日に行われる。理由は、新暦の五月五日では柏の葉が小さく、柏餅を包むことができないからである。
 柏餅は、粳米の粉を熱湯でこねてちぎり、蒸して掲いて生地を作る。これであんを包み、柏の葉で挟んで再度蒸すと柏餅ができあがる。
 男子が誕生した家では柏餅とアンビンを作り、これらを重箱に詰めて親元や親戚へお祝返しとして届けた。