宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第二節 食生活

二 日常の食事

(三)飲食器

 戦争中、出征兵士のいる家庭では、出征した息子の浴衣を床の間に掛け、朝、昼、晩の食事の際にその前へ陰膳を供えた。陰膳は、箱膳にご飯、味噌汁、茶をのせたもので、茶碗が割れると縁起が悪いとされた。