宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第二節 食生活

一 食料

(三)間食

 畑作地域では、冬になるとモロコシの粉で汁粉を作った。寒晒しといって、寒の時期にモロコシを水に浸して屋外に干し、寒風に晒したものを石臼で粉にひく。これを水でこねてちぎり、小豆の汁粉に入れた。モロコシの粉はノメッコク(滑らかで)、舌触りが良かった。