宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第二節 食生活

一 食料

(二)副食

 味噌汁はオツケ、オミオツケと呼ばれ、毎食欠かさずに作られた。自家製の味噌は大豆の粒が残っているので、そのまま入れると舌触りが悪い。そこで、シラジで擂ってから笊で漉(こ)して入れた。味噌汁の身は、ネギ、ナス、ダイコン、菜っ葉などで、豆腐を入れることは少なかった。また、だしは煮干しやカツオ節で取るが、古くはだしを用いない家が多かったという。
 卵の茹で汁を味噌汁に用いる家もあった。茹で汁には卵の殼から出たカルシウムが溶けているので、体に良いといわれたためである。