宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

六 容姿

(二)化粧と身だしなみ

 風呂は、古くは据え風呂と称してデイドコロ(ダイドコロ)の一角に風呂桶を据えたものであった。昭和初期には、母屋の裏に別棟のユーバ(風呂場)を設ける家が出てきた。
 風呂へ入る際には、寝室で着物を脱いで下着で土間に下り、風呂場の掛け竿に脱いだ下着を掛けて湯に入った。
 風呂の燃料は薪か石炭で、これらは杉戸町などの燃料店から購入された。また、自家のヤマ(雑木林や屋敷林)を所有する家では、そこから薪を伐り出した。
 風呂上がりには、顔にクリームや化粧水を塗った。