宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

四 晴れ着

(一)誕生と成長

 新生児の着物は、一つ身仕立てであった。肌着には、年間を通して晒木綿のジバン(襦袢)が用いられ、暑い時期はこの上に単物の一つ身を着せた。寒い時期は、ジバンの上にネルの一つ身を重ね、この上に綿入れの一つ身を着せた。また、気候に応じて、単物の一つ身と綿入れのソデナシを組み合わせることもあった。
 一つ身の着物は、単物、綿入れを問わず麻の葉模様の布地で縫われた。麻の葉模様には黄色と空色があり、前者は主として女児用、後者は男児用とされた。