宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

三 ふだん着とよそゆき

(三)下着

 男性の下着には、褌、ハンジバン(半襦袢)、モモヒキ、ナガジバン(長襦袢)があった。褌には六尺褌と越中褌があり、前者の方が古くから用いられていた。
 ナガジバンは一張羅の下着とするもので、それ以外のよそゆきにはハンジバンとモモヒキを着用することが多かった。遠出の際には着物の裾を後ろでまくり、モモヒキを出して歩いたものである。モモヒキは白木綿や浅葱木綿でできており、冬にはメリヤスが用いられた。