宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

三 ふだん着とよそゆき

(二)よそゆき

 よそゆきの履物には、下駄と草履があった。晴天用の下駄は、男物が桐の駒下駄、女物が桐の駒下駄や日和下駄で、雨天には男女とも朴歯や樫歯の高下駄を履いた(6-7)高下駄はアシダと呼ばれ、女性は爪先に革製の爪掛けを被せて白足袋の汚れを防いだ。
 下駄を新調するのは盆前と正月前であり、この時期になると下駄屋が売りにも来た。また、日和下駄や高下駄は、歯のすげ替えができたので、歯が減ると下駄屋に持っていって新しい歯とすげ替えてもらった。
 草履は、男物が麻裏草履や板裏草履で、女物は台がコルクやフェルトでできていた。

6-7 よそゆきの下駄