宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

三 ふだん着とよそゆき

(二)よそゆき

 男性は、黒羽二重の紋付と羽織、袴を礼装とした。羽二重、高貴織、斜子の袷は、二枚組の襲(かさね)に仕立てて一張羅とされた。また、夏物の一張羅は絽の単物と対の羽織であった。紬や銘仙は、ちょいちょい着と称して気軽な外出に着用された。