宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

三 ふだん着とよそゆき

(一)ふだん着

 農家では、ダイドコロの土間に下りると裸足になった。土間は、表面が滑らかで細かい凹凸があり、裸足で歩いても足裏が痛むことはなかった。コエンの隅には竹の皮で編んだウワゾウリ(上草履)を置き、上がる際にはこれを履いた。竹の皮の草履は藁草履のようなゴミが出ないので、上履きとして重宝された。