宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

三 ふだん着とよそゆき

(一)ふだん着

 防寒着には、綿入れのソデナシやハンテン(半纏)があった。また、男性のあいだでは綿入れのドテラも用いられた。
 着物の下には、防寒用のモモヒキをはいた。男性のモモヒキは木綿紺無地の袷で、裏地には浅葱木綿が用いられた。女性や子供のモモヒキは、ネルの単物であった。