宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

二 仕事着

(四)雨具と日除け

 夏の炎天下で行われる田の草取りは、屈んだ姿勢で稲株の周囲の草を掻き取るので、背中が直射日光に照らされて非常に暑い。そこで、近くにあるミョウガッパ(ミョウガ)や葉の付いた枝を取り、これを帯やモモヒキの紐に差して背中を覆った。ミョウガッパは水分を多く含んでいるので長持ちした。中には雨天用のショイタを日除けに兼用する者もあった。