宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

二 仕事着

(二)仕事着の形態と素材

 寒い時期には、ノラジバンの上に綿入れのソデナシ(袖無し)やハンテン(半纏)を着た。ソデナシは、腕が動かしやすく背中が温かいので野良仕事に重宝された。ハンテンは木綿縞で仕立てられ、袖の形からツッポバンテンとも呼ばれた。男性は、ハンテンを着た上から幅一寸くらいの紐を締めた。