宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

二 仕事着

(二)仕事着の形態と素材

 女性は、ノラジバンの袖から出た腕にウデヌキをはめた。男性は、長袖シャツを着ればウデヌキは不要であるが、シャツの保護のためにウデヌキをはめる者もあった。また半袖シャツにはウデヌキが必要であった。ウデヌキには、甲掛け付きと筒型があり、若い女性は手の甲を日焼けから守るために甲掛け付きを用いた。