宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

二 仕事着

(二)仕事着の形態と素材

 女性のあいたでは、戦争中の昭和一八、九年からモンペが用いられるようになった。出はじめのモンペは胴を前紐と後ろ紐で締める袴型であった(図16)。終戦後には、胴にゴムを入れたズボン型のモンペが普及した。

図16 袴型のモンペ