宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

二 仕事着

(二)仕事着の形態と素材

 シャツは、洋品店や足袋屋から既製品を購入した。形態は細襟付きの前開きで、前をボタンで留めた。半袖と長袖があったが、野良仕事で腕を出していると虫に刺されたり稲の葉が擦れるので、年間を通して長袖を着る者が多かった。布地には天竺木綿や縞があり、天竺木綿は白くて汚れが目立つことから多くは縞を用いた。