宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

一 衣料

(四)衣料の購入

 着物や履物を新調するのは、通常では夏と冬の年二回であった。夏には、祭りか盆前に浴衣と下駄を新調した。また、年の暮れには袷(あわせ)の着物と下駄を新調し、これらを正月に下ろした。男子の着物は木綿か銘仙の絣で仕立てられ、これに対の羽織を組み合わせた。