宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

一 衣料

(二)絹織物

 白生地を染める紺屋は、「河原の紺屋」と呼ばれる百間の井上染物店をはじめ、中須、藤曽根、逆井、中島など町内の方々にあった。また、杉戸町や春日部市、白岡町根金の紺屋に頼む家もあり、杉戸町の紺屋は宮代町の農村部にも注文を取りに来ていた。紺屋にはたくさんの見本があり、これを見て注文をした。また、紺屋では、生糸や木綿糸の染色も行っていた。