宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第六章 身のまわりの生活史

第一節 衣生活

一 衣料

(二)絹織物

 機織りは、衣料を賄う女性に欠かせぬ仕事とされ、学校を卒業した娘は母や祖母に習って機織りを覚えた。習いはじめには経糸の支度をしてもらい、これに玉繭から引いた節糸を織り込んで練習をした。上手に織れるようになると、次に経糸の支度を習い、糸ごしらえから織りまでを一人でできるようになった。