宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第三節 葬送

四 年忌

 葬式で使う白木の位牌は通夜のとき、住職が戒名を書いてくれる。その後、四十九日忌ごろまでに仏壇に納める塗りの位牌を作る。白木の位牌はそのあと、寺に納める。代々の先祖が増えて、位牌の数が増えると大きな位牌に複数の先祖の名前を彫ったり、クリイハイ(クリダシイハイ)といって、厚みのある位牌の箱に薄い板に戒名を書いたものを重ねて入れたりした。位牌は亡くなった人そのものとしてとらえられ、毎朝ご飯を供え、花も絶え間なく供え、盆のときには盆棚に並べられ、大切にされる。