宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第三節 葬送

三 葬式

 葬式の翌日はオカッテがカタツケをする。前日の洗い物や借りた黒椀や大鍋を返す。喪家では貸してもらった家に礼としてお金を包んだ。そしてオカッテは全員で墓参りをし、戻って来て祭壇に供えてあった団子をイビリタンゴにして食べる。オカッテにはお礼としてお金を包み、ネルのオコシ(腰巻)、シャツなどをシキモノにした。葬式組への礼はオカッテとトコバンだけで、それ以外の手伝いには特に金銭の礼はしなかったが、葬具を作っているときなどには菓子や食事を出した。手伝いは亡くなった人のご供養になるといわれていた。