宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第三節 葬送

三 葬式

 シシテンゲともいい、葬式の朝に組の人が作る。竹を割って薄くして両端を曲げたものを二本交差させ、交点を麻紐で縛り、周りに半紙を貼る。半紙には卍を書いたり、色紙を切り抜いて貼ったりした。シシテンゲの出来上がった大きさは高さ三〇センチメートル、直径四〇センチメートルほどである。竹の先に色紙を巻きつけたり、色紙の短冊を下げた。その笠を麻紐で竹の棒に縛り付けた。笠は棺と一緒に埋め、竹の棒は墓地で焼いた。昭和五〇年代に火葬が一般的になると作らなくなった。