宮代町立図書館/宮代町デジタル郷土資料

宮代町史 民俗編

第五章 人の一生

第三節 葬送

三 葬式

 昭和初期まで女性は近親者の葬式には白無垢のかさねを喪服として着た。このとき頭には何も被らなかった。そのあとは近親者であっても、近所の葬式でも黒い紋付などの喪服を着るようになった。男性も黒の紋付が多く、次第に背広に黒い紋章という服装が多くなった。